ランニングフォーム分析でランナーのケガ予防パフォーマンスアップ

NGな着地!着地だけを意識するランナーは膝をケガしやすい!

膝に痛みを抱えるランナーは
着地の技術が身についていないことが多いです!

効率の良い走りを求めるランナーも、
着地の効率ばかり求めてしまい、かえって効率の良い走りを妨げている場合もあります。

着地の技術向上は、効率の良い走りにつながり、
負担のかからない走り、パフォーマンスの高い走りが実現できるのです!

着地の技術向上のために必要なことをまとめていきます。

着地だけを意識してはいけない理由

その理由は、
『着地は体全体を動かした結果、脚が落ちてくる場所が着地のポイント』だからです!

こんな着地をイメージしていませんか??

・効率よく走るためにフォアフット・ミッドフットを意識している
・体の真下で着地しようとする
・プロネーションしないように意識している

どれも間違いではないのですが、
着地だけ意識しているランニングフォームになります!

着地だけ意識してもランニングフォームは効率良くなりません!!

ランニングは自分の体を効率よく前に運んでいく運動です。

着地は前に運ぶ動きにブレーキをかけてパワーを溜め、
そのパワーをさらに前に進む力に変える役割を担います。

ブレーキとアクセルを絶妙に繰り返していくのです。
しかも、それを両脚で!!

着地のブレーキがかかりすぎても、かからなさすぎてもダメなのです。

ブレーキーの正体は、
体が落下してくる際にそれを受け止める力で、
その力をうまく吸収しつつ、その反力を使って前に進むのです!

脚だけで着地しているわけではない

着地だけを意識しているランナーは体を前に運んでいく感覚がありません。

脚だけ動かそうとするので、
結果として、脚が先行する動きとなるのです!

脚だけ先行する動きが、着地位置を過度に前に着く結果を招きます!

オーバーストライドと呼びますが、
多くのランナーはストライドを伸ばすこと=速く走れる!と思いがちですが

ストライドが大きくても、脚だけ先行してしまっては効率良いフォームとは言えないのです。

理想な着地とは?

理想な着地のポイントは3つです!

①足・膝・股関節の3つの関節で着地衝撃を吸収できる
②股関節の上に上体が乗る
③着地位置が体の少し前

ランニングフォーム分析でフォームの問題を見つけケガ予防

着地も技術が必要です。
その技術を習得するために、3つのポイントを意識して練習に取り組んでいきましょう!

技術を磨くためにも、自分のフォームがどうなっているのか問題点を見つける必要があります!

アスレティックランニングでは、
独自の分析メソッドでランニングフォームの問題を見つけ出し、改善方法をお伝えしています。

①ランニングフォーム分析で問題を見つけ出す
②問題を解決する方法を見つける
③トレーニングで問題を解決する

この流れでランナーのお悩みの改善、パフォーマンスアップを行っております。

ランニングフォーム分析は
ランナーの問題を正確に見つけ出すため、
他にはない細かいチェック項目を設定しております。

ランニングフォーム分析も体験料金価格で募集中です!

(1回:5,500円)

あなたの悩みの問題を見つけ出しませんか??

痛みがあるけど走りたいランナーをサポートするアスレティックランニング

お問い合わせ・ご予約

24時間受付中!
お問い合わせやお申し込みはお気軽にどうぞ。

専用フォームはコチラ

© 2021 アスレティックランニング