ケガしやすいランナーの特徴

ランナーのフォームを安定させる姿勢改善パーソナルトレーニング!

膝や腰が痛くなる、
走っていると肩が凝ってしまうなどのお悩みは、

実は姿勢に問題があることが多いです!!

なぜなら、姿勢が崩れていると、
・カラダの歪み
・余計な力が必要で力みにつながる
・左右差を引き起こす

余計な力が入り、凝りや張りを引き起こし、
左右差が痛みを引き起こしてしまうのです!

良い姿勢を維持することで、
・楽に走れるようになる
・タイムが短縮する
・痛みが改善する

など、まずは最優先で取り組みたいほど良いことばかりなのです!

そこで、アスレティックランニングではランナー向けの姿勢改善パーソナルトレーニングを行っています!!

正しい姿勢とは?

多くのランナーが正しい姿勢が取れていません!
それは、正しい姿勢への理解が不足しているからです。

・胸を張って姿勢を良くする
・骨盤を前傾させる
・頭を起こす

これらは良く姿勢を意識するポイントで書いてありますが、分かりやすいから載っているのであり、正しい姿勢ではないのです!!

正しい姿勢かチェックする方法があります!

○姿勢をチェックする方法!

①頭から地面に垂直の線を1本引いていきます!
②外くるぶし、膝、股関節、胸郭、肩、耳のラインが一直線かどうかチェックする


左の写真は膝、股関節、胸郭、が線より前に出てきてしまっています!

右の写真は膝がやや前にありますが、左の写真より姿勢が良くなっています!

姿勢を維持するためには、
・骨格で安定させる
・筋肉で安定させる

この2つを活用することで姿勢を維持できます。

チェックポイントが線より前に行くことで、
骨格のバランスが崩れ、骨格で安定させる機能が低下し、筋肉のみで姿勢を支えるようになるのです!

写真のように前に傾きやすい方は
・ふくらはぎ
・もも前
・腰
・肩
などの負担が大きくなります!

正しい姿勢で立てていなければ
筋肉に頼った走りとなり、効率良い走りができないのです!!

姿勢づくりのポイント

姿勢づくりのポイントは『3つのアーチ』を意識することです!

・足のアーチ
・骨盤底筋群のアーチ
・横隔膜のアーチ


足のアーチは地面と唯一接している部分になり、
体重をかけるときは沈んで衝撃を吸収し、
前に進むときは剛性を高めて力をうまく伝達させます!

ランニングの姿勢改善は足のアーチの改善が必要です。

骨盤底筋群アーチと横隔膜のアーチは互いに向き合うことでバランスを取り合います!

骨盤底筋群が下から姿勢を支え、
横隔膜は上からフタをするように姿勢を支えます!

姿勢改善トレーニングには横隔膜と骨盤底筋群のトレーニングが必要

この3つのアーチができると骨格で姿勢を安定させる力が強くなり、
筋肉に余計な力が入るのを防いでくれるのです!!

この理想的な立ち方ができれば、
その姿勢を維持したまま、重心を移動させていくのがランニングです!!

走る練習も大事ですが、
姿勢改善のトレーニングも大切です!

アスレティックランニングでは、
『3つのアーチ』を作ることで、
崩れにくい、安定した姿勢を維持できるようにトレーニングしていきます!

姿勢を分析した上で、
正しい姿勢の作り方を指導していく体験レッスンも募集中です!

(初回限定価格:5,500円)

東京でランニングのパーソナルトレーニングならアスレティックランニングへ

痛みなく走れるカラダ、
一番速く走れるカラダを手に入れませんか??


痛みがあるけど走りたいランナーをサポートするアスレティックランニング

お問い合わせ・ご予約

24時間受付中!
お問い合わせやお申し込みはお気軽にどうぞ。

専用フォームはコチラ

© 2021 アスレティックランニング