ランニング、ランニングフォーム分析、パーソナルトレーニング

ケガに悩まされるランナー5つの特徴

パーソナルトレーナーの田口 真幸です。

・ケガが治ったと思ったらまた別のところが痛くなった
・いつも同じ方の足だけ痛くなる
・ケガがなかなか改善しない

ケガや痛みの原因が分からず、対処しかできていないランナーの方に、ケガに悩まず練習するために、意識するべきことをまとめていきます。

ケガに悩まされるランナーは身体に原因がある

カラダに原因があるので、何度も痛みが出てしまうのです。

安静にしていて痛みが引くのを待っていても、根本の身体が良くなるわけではありません。

身体のバランスが悪い原因

ケガしやすいランナーの特徴

原因①
何回も痛みを繰り返していくうちに、痛みがある部位を使わないように走る癖が身についている

例えば、何年も前に捻挫した経験がある方は、
捻挫した足をかばい、体重をかけない使い方を覚えます。

使い方は脳で自動調整しているので、自覚はあまりありません。

気づかないうちに体重をかけない使い方を覚え、
捻挫していない側を過度に使いランニングするようになるのです。

この偏った使い方が負担を招き、ケガに繋がるのです。

スポーツ選手は捻挫後にリハビリを入念に行い、
【体重がかけられる→左右バランスよく使える→パワーも出せる】
このような状態まで回復させてからプレーに復帰しています。

しかし、専門的な指導がなければ“痛みが引けば大丈夫“といった感じで、100%に戻らない状態で放置してしまうのです。

原因②
日常から姿勢が悪い

このような心当たりありませんか??

・1日中デスクワーク
・立っているときにいつも片足ばかりに体重をかける
・パソコンが正面ではなく少しねじれた状態になっている

これは日常から姿勢が崩れている可能性大です!!

トップランナーを見ていても姿勢が崩れている人はいないですよね??

ランニングは前に進むために、できるだけ姿勢を維持することが重要です。

しかし、根本的な姿勢が崩れている状態では、
偏った身体の使い方になり、特定の部位に負担をかけやすくなってしまうのです。

走り方のバランスが悪い

ランニング、ランニングフォーム分析、パーソナルトレーニング

原因③
ランニングフォームを無理に矯正している

最近は『フォアフット着地が効率良い走り方だ』と言われるようになり、つま先立ちのように走るランナーを良く目にします!!

実はこの走りが一番リスクが大きいのです!!

ランニングの着地は意識的に行うのではなく、連動して動いた結果、フォアフット着地になっているのです。

しかし、着地ばかり意識した走りになると、足首ばかりに意識が向いてしまい、連動して動かす意識が薄くなってしまいます。

本来、使いたい股関節が使えず、足先だけで着地してしまうランナーが多いのです。

原因④
シューズが合っていない

厚底シューズの効果もあり、タイムが飛躍的に伸びいています。

1秒でも速く走りたいランナーにとってはとても魅了的なシューズです。

しかし、シューズも自分の走力に合わせて選ばないと筋肉や腱に負担をかけてしまうのです。

シューズの反発が強く、その反発に合わせた筋力があれば、自分の身体をコントロールできます。

しかし、コントロールできる筋力がなければ、バランスが崩れた走りを助長し、本来ある身体の機能が使えなくなってしまうのです。

ケガに悩まされるランナーが意識するべきこと

ここまでは、専門家でなければ解決のアプローチができないかもしれません。

しかし、最後にお伝えするものは、今すぐにでも取り組めることです!

そして、多くのランナーが忘れがちなことでもあります。

原因⑤
走った距離に比例したケアを行っていないこと!!

これはすごく重要です!!

ランニングが他のスポーツと違うところは、特定の動きしかないということです。

横に移動したり、止まったり、投げたり、蹴ったり、色んな動きがあると全身の筋肉を使うことができます。

しかし、ランニングは前に走る動きしかないので、その筋肉ばかりに負担がかかるのです。

さらに、ランニングは1時間以上走り続けたり、長いと3時間も練習で走ることがあります。

同じ動きをこれだけ行うスポーツはほとんどありません。

この理由からも、ランニングのケアの大切さは感じられるのではないでしょうか。

もし、ランニング後にケアを行っていないなら、15分でも良いので時間を作って取り組むようにしましょう!

練習後に必ずストレッチするべき部位
・ふくらはぎ(アキレス腱のストレッチ)
・もも前のストレッチ
・お尻のストレッチ
・腰回りのストレッチ

ケガを予防するために必ず行いましょう!!

ケガの原因を見つけることが根本解決につながる

ケガに悩まされるランナーは身体のバランスが崩れていることが原因な場合が多いです。

その場合、痛みが引くまで安静にしていたり、マッサージだけでは改善できない部分でもあります。

ケガの原因の可能性がある
・ランニングフォーム
・身体の歪み
・使い方の左右差
・シューズが合っているか

など、総合的にチェックしていく必要があります。

アスレティックランニングでは、この分析を行った上で問題を明確化していきます。

ケガしやすいランナーの特徴

アスレティックランニングでは、
①ランニングフォーム分析で問題を見つけ出す
②問題を解決する方法を見つける
③トレーニングで問題を解決する

この流れでランナーのお悩みの改善、パフォーマンスアップを行っております。

ランニングフォーム分析はランナーの問題を正確に見つけ出すため、他にはない細かいチェック項目を設定しております。

ランニングフォーム分析も体験料金価格で募集中です!

(1回:5,500円)

あなたの悩みの問題を見つけ出しませんか??

ランニングフォーム分析、パーソナルトレーニング

痛みがあるけど走りたいランナーをサポートするアスレティックランニング

お問い合わせ・ご予約

24時間受付中!
お問い合わせやお申し込みはお気軽にどうぞ。

専用フォームはコチラ

© 2021 アスレティックランニング