着地衝撃吸収

走っていると足の甲が痛くなる原因はプロネーション不足?

走ると足の甲が痛い、、、。
いつも右足だけ痛くなる、、、。
フォームを意識しているのに改善しない、、、。

このお悩みの問題を見つけるため、ランニングフォーム解析を行いました。

今回、足の甲が痛くなる悩みの問題は『プロネーションがなさすぎる』ことでした。

プロネーションとは、
足部が地面につくと内側に倒れ込み、着地の衝撃を吸収する身体に備わった機能です。

プロネーション

プロネーションがあるおかげで自分の体重の3倍もかかる着地の衝撃を吸収できます。


プロネーションが大きすぎるとオーバープロネーションと呼び、足部が内側に倒れ込みすぎることで関節に負担がかかります。


プロネーションが小さすぎるとアンダープロネーション(サポネーション)と呼び、足部が内側に倒れ込まず、骨や関節に負担がかかってしまいます。

今回、足の甲の痛みが出るのも、
プロネーションが小さすぎるのが問題でした。

○着地時のフォームです!

着地衝撃吸収

本来であれば、着地で足部が内側に倒れ込む動きがありますが、内側に倒れていません。

ランニングフォーム分析

地面を蹴って前に進む時に、
本来、母趾球に体重が乗るはずが、
黄色矢印のように外側に力がかかっています。


この力が繰り返しかかっていることで、足の甲(骨)へのストレスが増え、痛みが出てくるのです。

プロネーションが少ない原因を探す

ランニングフォームでは、プロネーションがないことが問題だと分かりました。

次のステップは『プロネーションの原因を探すこと』です。

プロネーションは運動連鎖が起こることで、連動していきます。

◎運動連鎖
足部が地面につく
↓
プロネーションが起こる
↓
膝が内へ入る
↓
股関節が内へ入る

プロネーションが少ないのは、運動連鎖がどこかで止まっている可能性があります。

下の写真は膝が外に開いてしまっています。


膝が外に開いているのは、
足部→膝→股関節の運動連鎖がうまくいっていない証拠です。

この原因として考えられるのが、

・股関節の柔軟性不足
・腓腹筋(ふくらはぎ)の柔軟性不足

股関節や腓腹筋の柔軟性低下により、
本来、内に入るはずの動きが制限されます。

その結果、衝撃吸収がうまくいかない動きの繰り返しとなり、
足の甲が痛くなるのです。

人の足は柔と剛を使い分けている

本来の体の機能として、
着地の衝撃吸収の時は“柔“、
身体を前に進めていくには“剛“

これを使い分けられるのです。

この使い分けがあるおかげでずっと歩いても疲れないし、
速く走ることができるのです。

分析を正しく行うことで、
悩みの原因を見つけ出し、改善方法を見つけ出すことができます!

アスレティックランニングでは、
分析力・改善力を大事にしています!

痛みやパフォーマンスが上がらず悩みがある方は、
問題の原因を見つけていきましょう。

アスレティックランニングでは、
①ランニングフォーム分析で問題を見つけ出す
②問題を解決する方法を見つける
③トレーニングで問題を解決する

この流れでランナーのお悩みの改善、パフォーマンスアップを行っております。

ランニングフォーム分析は
ランナーの問題を正確に見つけ出すため、
他にはない細かいチェック項目を設定しております。

ランニングフォーム分析も体験料金価格で募集中です!
(1回:5,500円)

あなたの悩みの問題を見つけ出しませんか??

痛みがあるけど走りたいランナーをサポートするアスレティックランニング

お問い合わせ・ご予約

24時間受付中!
お問い合わせやお申し込みはお気軽にどうぞ。

専用フォームはコチラ

© 2021 アスレティックランニング