膝を痛めるランナーは上半身の使い方に問題がある!

膝の痛みはランナーあるあるですよね!

私も膝の痛みに悩まされたことをきっかけに、
ランニングフォームについて勉強し、
トレーニングでどう改善できるか考えてきました!

膝の痛みで悩むランナーは
『上半身をうまく使えていない』のが問題です!

膝の痛みなのに上半身??
って思う方もいると思うので、説明していきますね!

膝を痛めるランナーのフォームの特徴

膝を痛めるランナーのフォーム

上半身は10°前に傾いているのが理想と言われています。

一見、真っ直ぐの方が良さそうに感じますが、
前に進むためには重心を移動させていく必要があり、
上半身がその役割を担っているのです。

前に進むために、重心を前に移動させていく結果、
上半身が傾いた姿勢になるのです!!

上半身が前に進むことで、
着地時に股関節が曲がる角度が大きくなります。
(逆くの字の角度が大きくなります!)

股関節の曲がる角度は着地時の衝撃吸収能力と関係があります。

逆くの字の角度が浅いと、
着地の衝撃を吸収を膝で補う形になってしまうのです。

膝の治療をしてもランニングフォームの改善をしていかないと、膝へのダメージは変わらないんです!!

また、ランニングフォームの改善も、
体の動かし方を改善していかないと変わらないんです!!

アスレティックランニングでは、
①ランニングフォーム分析で問題を見つけ出す
②問題を解決する方法を見つける
③トレーニングで問題を解決する

この流れでランナーのお悩みの改善、パフォーマンスアップを行っております。

ランニングフォーム分析は
ランナーの問題を正確に見つけ出すため、
他にはない細かいチェック項目を設定しております。

ランニングフォーム分析も体験料金価格で募集中です!
(1回:5,500円)

あなたの悩みの問題を見つけ出しませんか??

痛みがあるけど走りたいランナーをサポートするアスレティックランニング

お問い合わせ・ご予約

24時間受付中!
お問い合わせやお申し込みはお気軽にどうぞ。

専用フォームはコチラ

© 2021 アスレティックランニング